• HOME > 歯のおはなし

etc32.jpg

歯科診療案内

Animal Dental information

3歳以上の犬の60%、猫の80%の子は、歯周病になっていると言われています.


動物にとっても、「歯みがき」で歯周病を予防するのがいちばんなのですが、

動物の予防歯科の情報がすくなく、あやまった情報や製品も多いため、上手な
「歯みがき」をできていない子もおおく見受けられます.
当院に、歯科治療でご来院いただくオーナー様は”歯”に関心を持っていただいてる
方がほとんどなので、歯ブラシも歯石予防の製品もいろいろと試している方が多いです。
それでも、なかなかうまくできなかったり、悩んでも相談するところがわからなかったと
答えるオーナーさんが毎日来院されます.
 
ここでは、歯周病・予防歯科・歯石とり・歯科治療について少しだけご紹介いたします。
詳細は、実際にデモンストレーションをしながら説明しますので受診をお勧めいたします.


etc28.jpg

歯周病とは?

periodontal disease

歯周病は、歯垢(プラーク)によっておこる歯の周りの病気のことを指します。 ごはんを食べたときに、”食べかす”が口の中に残ってしまいます。
この”食べかす”の糖分が歯の表面に被膜(ペリクル)という白っぽい糊のようなもの
が形成されます。これに細菌が繁殖し”プラーク(歯垢)”を形成し、このプラークが炎症を
ひきおこします。このプラークに唾液の中のカルシウムやリンがとりこまれ歯石が
形成されます。

 
ペリクル:食後20分で形成される。
プラーク(歯垢):ペリクル形成後24時間で形成される。
歯石:プラーク形成後、2~5日間で形成される。
歯石のできるまでの期間は、人の5〜6倍のはやさです.
歯石の表面はざらつきが強いため、プラーク(歯垢)が付着しやすいためどんどん歯を
覆っていきます。

見た目では、歯茎の炎症、歯肉の減少、歯槽骨の吸収(骨が溶ける)、歯のぐらつきが
でてくるようになり、最終的には歯が脱落してしまいます。
この進行の過程の中ででてくる様々な病気を『歯周病」といいます。


1322622066551.jpg

歯科診療

dental practice

Step.1 診療
通常診療で口の中を診察します.歯肉の状態や歯石の付着の状態をチェックします.
歯科処置が必要であれば、治療についての説明をいたします。

Step.2 術前検査と歯科治療のご予約
歯科処置を行うには、かならず全身麻酔が必要です.全身麻酔を実施することができるかどうか、身体検査・血液検査・生化学検査、血液凝固機能検査、心肺機能検査を行い。基礎疾患の有無とその程度の評価をし、オーナー様にご説明いたします.
基礎疾患やなんらかの理由で麻酔下での治療ができない場合があります。その場合は治療により、症状の改善または軽減がされ、全身麻酔が可能な状態になってから、歯科処置を実施します.歯科処置は原則として完全予約制となります.



RIMG0079.JPG

スケーリング

歯石とり/dental tartar removal

スケーリングとは、通称「歯石とり」とよくいわれる処置です。歯の表面と歯周ポケット内の歯垢と歯石などの付着物を除去します。

そのつぎに、歯周ポケット内に歯垢と歯石を再付着させないように、歯肉に隠れている歯面をきれいにします.(ルートプレーニング)
強い炎症をともなう歯肉は、さらに歯肉壁の炎症を除去し再付着できるように処置します.(キュレッタージ)
最後に、歯面に研磨剤をつけてブラシやゴムで歯の表面をきれいに磨きます.これにより、歯垢と歯石をさらにつきづらくさせます.
そして、洗浄して終了です.


■スケーリング(歯石とり)のながれ

スケーリング

RIMG0079.JPG
超音波の振動で肉眼で見える歯石をきれいに
削っていきます。

ルートプレーニング

RIMG0080.JPG
ハンドスケーラーで1本1本細かい歯石を
きれいに取り除いていきます.
また、歯肉内の歯石もこれで除去します。

キュレッタージ

RIMG0081.JPG
歯肉が紙面に再付着できるように少しだけ
削ります。

ポリッシング(ブラシ)

RIMG0082.JPG
低速で回転させたブラシとポリッシング剤で
荒く表面を研磨します。

ポリッシング(ゴム)

RIMG0080.JPG
低速で回転させたラバーカップとポリッシング剤
で細かく表面を研磨します。

洗浄

RIMG0085.JPG
きれいに洗浄して終了です.

スケーリング前

000before.jpg

スケーリング後

001after.jpg

見た目だけの歯石とりだけでなく、歯科治療と
しての歯石とりとなると様々な処置が必要になり
ます。きちんとした処置をすると歯石の再付着や
歯茎の炎症や減退を押さえることができます。
動物の歯を一生まもってあげるために、きちんと
した情報で歯科治療を行ってあげましょう。

       

       

       

       

RIMG0095.JPG

歯科検診

Dental check up

スケーリング処置の途中に、歯科検診を行っています.
1本1本、歯の状態、歯肉の異常、歯槽骨の状態など、
レントゲン検査も実施し見えない部分までしっかりと検査します.

探針ブロープ検査

RIMG0094.JPG
探針ブロープを使用して、歯肉の状態や
露髄などがないかチェックしていきます.

歯科用レントゲン検査

RIMG00999.JPG
見えない部分の評価をするためにレントゲンを
撮影します。

レントゲン診断

RIMG0114.jpg
レントゲンフィルムを現像し、どのような治療を
するかを評価します.

       

       

IMG_0517.JPG

歯科治療

dental treatment

歯科検診にて綿密なチェックの後、病変となる場所を治療していきます.
歯周外科・口腔外科・歯の保存修復・歯内治療など、歯の治療だけでなく
口の周りの病気のほとんどを治療しております.
下で、何症例か治療方法などをご紹介いたします。

■根尖周囲病巣→抜歯術

施術前

001.JPGIMG_0453.JPG016.JPG
歯石が付着したままの歯や固い食べ物や
おもちゃを与えて歯が折れて露髄を起こ
し、歯髄や歯根膜より歯根先端に感染を
生ずると目の下が腫れるしまったり、
ひどい場合には、皮膚が壊死してしまい
ほっぺから膿みがでてきたりして来院
される方が多いです.

施術中

IMG_0457.JPGIMG_0459.JPG
歯科用ドリルで抜歯をしやすいように3分割
にします。
その後、歯科用エレベーターを用いて1本
1本歯を脱臼させ、除去します.

施術後

IMG_0464.JPGRIMG0005.jpgIMG_0468.JPG
抜歯が終了したら、ドリルで歯槽骨を
滑らかに削り、感染しないようきれいに
消毒をしてから、歯肉を縫合します.

■直接覆とう術を用いた生活歯髄切断術

施術前

IMG_0516.JPGIMG_0517.JPG
不正咬合のため他の歯や何組織を損傷する場合や
人をかみ傷つける恐れがある場合に適応され、
歯冠を切断し短くする術式です.

施術中

IMG_0527.jpgIMG_0526.jpg
歯科用ドリルで歯冠を切断します.
歯冠の切断後、殺菌と歯の硬組織を促す
詰めものをつめます.

施術後

IMG_0528.JPGIMG_0535.JPG
コンポジットレジンという歯のセメントで
穴が開いた部分を塞いで終了です.
※半年後に歯科レントゲンできちんと修復されて
 るかと感染していないかを確認します.

■歯内治療

抜髄根管治療

RIMG0013.jpgRIMG0001.jpg
歯髄が感染や損傷を生じ歯髄の回復や保存が
不可能と判断された場合に実施される方法で
通称「神経抜き」といっている治療です.
感染した歯髄をきれいに清掃して消毒をし、
根管の中を充填材で満たし、歯の形態や
歯の根元の炎症を予防する目的で実施します。

抜髄

RIMG0002.jpgRIMG00051.jpg
上の写真のファイルというヤスリのの様な
ものやクレンザー(抜髄針)を根管に侵入
させ抜髄をします。終了したら消毒をし、
充填材(下の写真)で根管を満たします.

裏層

RIMG0019.JPGRIMG0021.JPG
充填が終了したら裏層材を詰めコンポジット
レジン(歯科用セメント)で歯の表面を保護
します。

■ウサギの切歯不正咬合、臼歯過長症

切歯不正咬合

IMG_0579.JPGIMG_0580.JPGIMG_0581.JPG
ゲージを噛んで引っ張る動作などが原因となり
不正咬合になってしまい、歯が摩耗できずに
切歯が過長してしまいます。これにより咀嚼障害
をおこすため。歯科用ドリルで切除します.

臼歯の不正咬合

RIMG0105.JPGRIMG0104.JPG
牧草を食べる量が少なかったり、与えていない
場合におおくみられるのが臼歯の不正咬合です。
食事要因の問題で、歯が摩耗されず、ほっぺや
舌の方向に歯がのびてしまい粘膜を刺激します。
症状は、口をくちゃくちゃする、食べるときに
痛がる、下あごによだれがつく、食欲の低下など
がみられ、ひどい症状の場合は、食欲の廃絶で
来院されるケースの子もいます。


RIMG0106.JPGRIMG0107.JPG
治療は、粘膜を刺激している歯の尖った部分を
耳鼻科用のロンジュールという器具で整形し
さらに、骨ヤスリをかけて歯の表面をきれいに
します。

       

       

RIMG0005.JPG

無麻酔歯石とり?

Scaling in unanesthetized

「麻酔は危険で怖いから...」・「人では麻酔で歯石とりをしないのに動物ではなぜ麻酔が必要ですか?」とよくご質問をうけます。 さらには、「犬猫の歯科を無麻酔でやってほしい?」とご来院されるオーナーさんも来れれるときもあります.
でも、ごめんなさい。麻酔下でないと歯石とりや歯科治療は実施できません。
当院では、審美的な面の歯石とりではなく、予防歯科治療&歯科治療の目的として歯石とりを実施しております。
 
スケーラーには、刃がついています。刃の表面は滑りやすいため、動物が動いてしまったり、トレーニングを受けていない人が処置をすると簡単に歯茎や舌を傷つけてしまいます。他の動物病院で無麻酔下で、鉗子で歯石を割ってとってしまい歯を折ったり、歯の根元を残してしまったり、挙げ句の果てには骨折させられて来院されるかたもいます。
 
歯周炎が発生していれば、出血もおきますし、ひどい痛みもともないます.
これが恐怖心となり、口元を触るといやがったり、お家で歯ブラシをさせてくれなくなったり、動物病院ぎらいになり、以降の診察などに影響がでてしまう可能性もあります。
また、歯周病の所見は、肉眼で判断はほぼ不可能であり、麻酔下での十分な検査と口腔内のレントゲン撮影が必要になります。これも、無麻酔下ではほぼ不可能です.

当院は、ASC米国麻酔学講義試験にも合格し十分な安全と危険性を考慮した麻酔法を実施しております.そのうえで、痛みのない歯石とりと歯科検査、歯科レントゲン検査をおこない治療が必要な歯の説明や治療方針、予防ケアを指導できるようにしております.

審美的な歯石とりではなく。健康な歯を一生守るための歯石とりをしてみませんか?
 
ご参考までに、日本小動物歯科研究会の見解ものせておきます。