• HOME > 心臓のおはなし

TH_TRED021.JPG

犬と猫の心臓病

犬や猫の心臓病は、血液のポンプ機能である心臓が十分に働かなくなってしまってい
る状態のことを言います.生まれつき持っている先天性の心疾患と老化のため心臓が
病態を発症した後天性心疾患と2つに大別され多くは後者の心臓病が多いです。
心臓病は、完治できる病気は少なく、病気と上手に付き合いながら進行を遅らせるよ
うにうまくコントロールすることがとても大切です.
できるだけ、早めに発見し治療してあげれるように心がけております.


bind_73.jpg

症状がでていない

治療はいらない!?

オーナーの皆様は、もし自分が心臓病と診断されたらどう思いますか?
①え?本当!?
②○○○病ってどんな病気なの?
③これから、どんな症状がでてくるんだろう?
・・・etc
いろいろなことを考えるのではないでしょうか?
検査や内服薬、はたまた手術などきっといろんな治療も受けるでしょう。

ところが、犬や猫が心臓病であると僕が告げると、
「症状がないのでまだ様子を見ます」と人ごとのように受け流される場合もあります。
とてもざんねんですが、心臓病は完治されることが難しい病気です。
症状がではじめてから治療を始めても、生存期間は1−2年程なのです。
そして、ほとんどのオーナーさんはもっと早く治療をしてあげれば良かったと語られます。

心臓病は早期発見・早期治療・定期検査でできるだけ進行を遅らせることがいちばんです。
かわいい我が子と1日でもおおく幸せに快適に暮らせるように考えて欲しいと思います。


IMG_1764.JPG

僧帽弁閉鎖不全症

■どんな病気?
僧帽弁閉鎖不全症は犬の心臓病の中で最も多い疾患です。僧帽弁は左心房と左心室の
間にある弁のことです.
左心室から大動脈に流さないといけない血液が、弁がきちんと機能しない影響でで左心房の方へ逆流してしまい、体全身に送る血液量が減少してしまう病気です.
■症状は?
逆流があっても心臓の機能が十分ある初期の頃は、無症状です.
中期になると、何となく元気が無い、疲れやすくなった、咳、呼吸困難などの症状がでてきます.
■検査と診断
聴診、血圧、心電図検査、胸部レントゲン検査、心エコー(超音波)検査で診断します.
特に心エコー(超音波)検査は最も重要な検査で、正確な診断だけでなく重症度や
左心室の機能の評価をおこなうことができます。
■治療
ACE阻害薬・強心薬・利尿薬などを投薬します.
定期的な胸部レントゲン検査や心エコー(超音波)検査も重要です.


0001.jpg

心筋症

■どんな病気?
心筋症とは、心臓を動かす筋肉に異変がおこる心臓病です。ドラマや小説などで心臓移植や、バチスタ手術などででてくる病名のため知っているオーナー様も多いと思います.
心臓の筋肉に異変が起こり心臓機能の低下を起こす病気です.

■症状は?
心筋症は、心臓におこる異常によって3種類に分類されます.
 ■拡張型心筋症:心筋の収縮力がていかして心機能が低下する病気です.
   血液を送り出す力が弱くなり、呼吸困難や血栓症などの症状がでます.
   犬に多いタイプの心筋症です.
 ■肥大型心筋症:心筋の厚みがまして心臓の要領が小さくなる病気です.
   一度に送る血液の量がすくなくなり、呼吸困難や運動機能の低下、
   咳、血栓症などの症状がでます。
   猫に多いタイプの心筋症です.
 ■拘束型心筋症:心筋全体が固くなって心臓が膨張しにくくなる心筋症です.
■検査と診断
聴診、血圧、心電図検査、胸部レントゲン検査、心エコー(超音波)検査で診断します.
特に心エコー(超音波)検査は最も重要な検査で、正確な診断だけでなく重症度や
機能の評価をおこなうことができます。
■治療
ACE阻害薬・強心薬・利尿薬などを投薬します.
定期的な胸部レントゲン検査や心エコー(超音波)検査も重要です.


IMG_0261.JPG

犬糸状虫症

フィラリア症

■どんな病気?
わんちゃんにとっては、ひじょうに重要な病気です。犬しか感染しないように思われてる
かたも多いですが、猫や人にも感染する場合がある病気です.
犬糸状虫(フィラリア)は蚊の媒介によって感染し心臓の肺動脈に寄生して、右心不全を
引き起こし肺や肝臓、腎臓に障害を引き起こします.

■症状は?
急性と慢性にわけられます。
 ■慢性:肺内高血圧症を引き起こし2時的に右心不全を引き起こします.
   肺動脈硬化症、心不全、肝硬変、腎不全を引き起こします.
   咳、運動不耐性、削痩、貧血、腹水の貯留
 ■急性:慢性症に加え、突然、血尿、呼吸困難、虚脱がおこります。
   大静脈症候群と呼ばれ、肺動脈に寄生した虫が心臓に移動し三尖弁閉鎖不全症を突然
   おこることが原因です.
■検査と診断
顕微鏡検査、抗原検査、胸部レントゲン検査、心エコー検査、血液検査
■治療
いちばんたいせつなのは予防です.蚊の発生した時期の1ヶ月あとから蚊がいなくなった1ヶ月後まで月に1回飲ませるタイプの薬や、6〜12ヶ月間予防できる注射薬で寄生虫感染しないように予防できます.
感染してしまった場合には、慢性では駆除剤や心臓のお薬の投与、急性では手術が必要になります.完治できる場合もありますが、治療中にも関わらず死亡率の高い病気です.